【第6話】内定を取れるESが押さえている11のポイント【ガクチカ編】

【第6話】内定を取れるESが押さえている11のポイント【ガクチカ編】エントリーシート(ES)
【こんなに人にオススメのお話】
ESが選考通過しなくて困っている就活生
ESって何を意識して書けばいいのか分からない就活生

 

ESの基礎・基本を習得した6人だが、実際にそれだけではガクチカに対応できないことを知った様子。ESをどうやっていいものに書き上げてくのでしょうか・・・。

 

あかり
あかり

優太はこの前、田中さんにESを書き直してもらってたけど、そのあとはどうなの~

優太
優太

それが聞いてくれよあかり~。田中さんに直してもらったESを就活課の人に見せたら、それじゃあまだまだ受かるESにはなってないねって言われちゃったんだよね~。田中さんが教えてくれた落ちないESのコツって嘘だったのかな~。

田中さん
田中さん

優太くん、早速就活課にESを見せに行ったんだって?1話目では一番やる気がなかったのに、今では一番行動してるじゃないか。

優太
優太

田中さん、ありがとうございます!

・・・じゃなくて、ESはどうすればいいんですか~?

落ちないESと内定に繋がるESは似て非なるもの

田中さん
田中さん

この前話した、書類選考で絶対に落ちるESの解説は、落ちるESの説明であって、受かるESの説明ではないんだ。つまり出来て当たり前の項目を説明していたわけなんだ。

駿
駿

なるほど!じゃあ今日は受かるESについて教えていただけないですか?田中さん!

田中さん
田中さん

もちろんそのつもりだよ!今日は学生時代に頑張ったこと(通称:ガクチカ)について、受かるESのポイントをお伝えするね。

葵

今日も楽しみだわ~!

田中さん
田中さん

まず、前提として、内定に繋がるESというのは、圧倒的に「お!会ってみたいな」と思わせることができるESなんだ。つまり、ESの内容が面接でも深堀りされても平気なESになっているんだ。だからこそ、面接(書類選考以降)でも上手くいく可能性が高いんだ。それぞれの状態をイメージするなら、こんな感じかな。

【第6話】落ちるES・落ちないES・内定を取れるESの違い

大和
大和

今日の話を聞いて、一気に内定が取れるESまでブラッシュアップだな!

ゆう
ゆう

ちなみに、今回は話が長いので、ESがどのように変化するか先にイメージをお伝えしますね!

こんなESが?

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) ※修正前 
私はアルバイトを頑張りました。特にレジ打ちを頑張りました。当初はレジを打つのも上手くいかず、困っていました。そこで、レジを早く打つための練習を行い、徐々に上手くなっていきました。その結果、最後には多くのお客さんを待たせないレジ打ちができるようになりました。また、お客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。(184文字)

こんなESに!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) ※修正後
私はドラッグストアのアルバイトで後輩3名を指導し、店舗の売上を10%向上させた。アルバイトの先輩が卒業し、販売知識が低下から、年配のリピーター客が減少した。リピーター数を戻し「仕事を楽しんでほしい」と思いから、月に1度、ポップ作成の講習を行った。今までは受け身だった後輩が仕事の楽しさを覚え、自らポップを作成するようになった。その結果、リピーター数が130%になり、店舗の売り上げが10万円増加した。
(200文字)

ESを書く際に押さえておきたい11のポイント

田中さん
田中さん

それじゃあ、ESを1つも2つもレベルアップするために意識をしたい部分をお伝えしますね。

面接を意識したESになっているか?

田中さん
田中さん

一番大切で、最も考えるべきことを最初にお伝えしますね。

まず、ガクチカで書く内容は、面接で質問をされることを意識した内容になっていないといけないんだ。前回の優太くんのESを見ると、面接を意識した内容になっているだろうか?

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
私はアルバイトを頑張りました。特にレジ打ちを頑張りました。当初はレジを打つのも上手くいかず、困っていました。そこで、レジを早く打つための練習を行い、徐々に上手くなっていきました。その結果、最後には多くのお客さんを待たせないレジ打ちができるようになりました。また、お客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。(184文字)
優太
優太

面接を意識した内容・・・?

田中さん
田中さん

自己分析を行う理由について「自分の価値を企業に正しく伝えるため」だということは第3話でお伝えしたよね?自分の強みがしっかりとガクチカに含まれているかが大切なんだ。

優太くんは、どんな強みがこの話で活かされていると思っているのかな?

優太
優太

物事を工夫して行う点です!

田中さん
田中さん

もし、その「物事を工夫して行う点」が強みなら、そこを重視した話にしないと、優太くんの強みが伝わらないESになってしまうんだ。なので、不必要な部分としては・・・

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
私はアルバイトを頑張りました特にレジ打ちを頑張りました。当初はレジを打つのも上手くいかず、困っていました。そこで、レジを早く打つための練習を行い、徐々に上手くなっていきました。その結果、最後には多くのお客さんを待たせないレジ打ちができるようになりました。また、お客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。

 

優太
優太

せっかく書いたのに、こんなに無くなっちゃうんですか・・・(泣)

田中さん
田中さん

ESは創っては壊して、創っては壊しての繰り返しで、良いものが出来上がるんだ。ちなみに、商品棚の角の工夫はもっといろいろやったのかな?もしやっていればやったことを書き加えてみてほしいんだ。

優太
優太

分かりました!こんな感じでどうでしょうか?

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
私はアルバイトを頑張りましたお客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。
田中さん
田中さん

よし、良くなったね!それでは次に進もう。繰り返しになるけど、一度目から完璧を求めないことが大切なことは覚えておいてね。

読みやすい流れで書けているか?

田中さん
田中さん

次は話を書く流れを確認しよう。話の流れと言えばどんな書き方が思いつくかな?

駿
駿

話の流れというと起承転結で書くってことですか?

田中さん
田中さん

起承転結の順番で書くのは日本人の書き方で、就活においては

  1. 結論
  2. 背景・課題
  3. 目標
  4. 行動
  5. 変化
  6. 結果(=結論)

の順番で書くことが大切なんだ。

あかり
あかり

なんで起承転結ではだめなんですか?

田中さん
田中さん

起承転結という書き方は、最後まで読まないと結論が分からないんだ。しかし、ビジネスでは、結論ファーストと言われるほどに、まずは結論から述べるのが常識なんだ。たくさんのESを見る面接官の気持ちになれば分かると思うが、何を書いているか分からないESを受からせたいと思うだろうか?

葵

確かに、最後まで読まないと分からないESよりも、結論を最初に書いてくれているESの方が何を言いたいか分かりますしね!

田中さん
田中さん

面接官側の視点を忘れてしまうことが良くあるけど、迷ったら自分が面接官だったらどう感じるか?を基準に判断すると良いよ。
話が長くなったけど、先ほどのの観点で、見るとこんなことを意識してみるといいESになるよ!

  1. 結論 = 何を頑張ったのか(=どんな結果を出したのか)?
  2. 背景・課題 = なんで頑張る必要があったのか?
  3. 目標 = どんな状態を目指したのか?
  4. 行動 = 実際にどんな行動をしたのか?
  5. 変化 = 行動をしてどんな変化が起きたのか?
  6. 結果(=結論) = 変化の結果、どうなったのか?

また、優太くんのESを分析してみると今はこんな感じなんだ。

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はアルバイトを頑張りましたお客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。
【背景・課題】
【目標】
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。
【変化】
【結論】
優太
優太

ほとんど何も書けていない状態ですね・・・。書き直してみたら文字数がオーバーしてしまったんですけど、これはいかがでしょうか?

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はアルバイトを頑張りましたお客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。
【背景・課題】ドラッグストアが近くにできたことで、お客さまが来店しなくなった。また、アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなってしまった。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。また、後輩の指導も行いました。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。
田中さん
田中さん

流れがすっきりして、読みやすくなったね!これをもとにして、この後のブラッシュアップを行おう!ちなみに、ESを書き始めた段階では、文字数は一切気にしなくていいんだよ。あとから内容を削るのは簡単だけど、書き加えるのは難しいんだ。

質問に答えているか?

田中さん
田中さん

先ほど、

田中さん
田中さん

ビジネスでは、結論ファーストと言われるほどに、まずは結論から述べるのが常識なんだ。

ということを話したけど、1文目でちゃんと質問に回答できているかということも大切なんだ。就活生のESをよく添削するんだけど、最初の質問に答えていないESは3人に1人くらいいるんだ。

大和
大和

1文目でちゃんと質問に回答できていないということは、それ以降の文章も見る必要がないということになるな!

駿
駿

確かにそうなるな。どれだけいい内容を書いていても、1文目がダメなら、読んでもらえないんだな。

田中さん
田中さん

そうなんだよ2人とも。だからこそ、1文目で質問に答えているかが非常に大切なんだ。優太くんのESを見てみよう。答えになっているかな?

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はアルバイトを頑張りましたお客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。
【背景・課題】ドラッグストアが近くにできたことで、お客さまが来店しなくなった。また、アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなってしまった。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。また、後輩の指導も行いました。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。
葵

「学生時代に頑張ったこと」を聞かれて、「私はアルバイトを頑張りました」って答えているので、問題ないと思います。

田中さん
田中さん

実はこれ(「学生時代に頑張ったこと」を聞かれて、「私はアルバイトを頑張りました」って答え)を良しとすると、最初の質問に答えていない3人に1人になってしまうんだ。

葵

これじゃダメなんですか田中さん?

田中さん
田中さん

ダメな理由を確認するために、設問が求めていることを考えてみよう。この設問(学生時代に頑張ったこと)が求めていることはどちらだと思いますか?

  1. 頑張ったことは何か?
  2. どんなことを頑張ったか?
沙希
沙希

私は2番だと思います。

  1. 頑張ったことは何か? = アルバイトを頑張った
  2. どんなことを頑張ったか? = アルバイトの何を頑張った

という違いがあるんじゃないかなって思ったんですが、どうですかね田中さん。

田中さん
田中さん

沙希さん、鋭い観点ですね。その通りで、企業は2番のどんなことを頑張ったかが知りたいんだ。だからこそ、1番の頑張ったことは何かを答えてしまうと、求めている回答にならないんだ。優太くんのESでいうならば、以下の感じで書けるといいね。

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はアルバイトを頑張りました。お客さまの目につく商品棚の角の工夫をして、お客さまがもっと季節限定の人気商品を買ってくれるようにしました。

↓抽象化
【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を向上させました。

成果を数字で伝えているか?

田中さん
田中さん

また、成果というのは客観性が大切になるので、数字で表すことが大切になります。

優太
優太

ということは、店舗の売上を10万円増やしたって書けばいいんだな!

田中さん
田中さん

いやいや、そういうわけでもないんだよ優太くん。

優太
優太

またですか田中さ~ん(泣)

田中さん
田中さん

例えば、2つの店舗があったとして

  1. 年間100万円売り上げているお店の売上を10万円増やした
  2. 年間1000万円売り上げているお店の売上を10万円増やした

この2つは凄さが異なるよね?

  1. 10万円÷100万円=10%の伸ばし
  2. 10万円÷1000万円=1%の伸ばし

なので、数字で客観的に見せることが大切なんだ。

優太
優太

なるほど!誰が見ても分かるように書きかえればいいんですね!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を向上させました。
↓数字を具体化
【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。

複数のエピソードを盛り込んでいないか?

田中さん
田中さん

ここからは、活動をシャープに伝えるコツをお伝えするね。まずは、伝えるエピソードが1つに絞れているかを確認しよう。

あかり
あかり

シャープに伝える・・・ですか?

田中さん
田中さん

そう、シャープに伝えるんだ。みんなのESにはあれもこれも伝えたいということがあったとしても、話をワンシーンに絞って伝えるんだ。

あかり
あかり

でも、そうすると、せっかくたくさんの活動をしていても、伝えることができなくて勿体なくないですか?

田中さん
田中さん

一見無駄に見えるんだけど、色々書き過ぎて埋もれてしまうことのほうが問題なんだ。平均点のESでは、書類選考にさえも通過しないESになってしまうんだ。だからこそ、1つの出来事に絞って活動を深く伝えることが大切なんだよ。

優太
優太

ということは、自分のESに行動を1つに書き直せばいいのか?

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】ドラッグストアが近くにできたことで、お客さまが来店しなくなった。また、アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなってしまった。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。また、後輩の指導も行いました。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。
田中さん
田中さん

行動はできる限り絞って、1つの行動を深めると、読み手に伝わるESになるね!

背景を書き過ぎていないか?

沙希
沙希

田中さん、優太のESを見ていて思ったんですが、このままだと文字数が収まらなくないですか?

田中さん
田中さん

文字数がオーバーしているときに確認をしてほしいのが、背景の部分を書き過ぎていないかということなんだ。ESの構成の中で一番厚みを持たせるべきはどこだと思う?

沙希
沙希

行動の部分だと思います。というのも、「頑張ったこと」を聞かれているので、行動を伝えることが求められていることだからです。

田中さん
田中さん

その通り!常に面接官の立場に立つということを心掛けられているみたいだね!「背景」は「なんでその目標を掲げたのか?」「その行動で正しいのか?」ということを補足するために書くのであって、メインではないんだ。だからこそ、ESの内容を理解できる最低限の内容に背景を絞ることがポイントなんだ。

優太
優太

ということは・・・今書いている背景を1つに絞ればいいんだ!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】ドラッグストアが近くにできたことで、お客さまが来店しなくなった。また、アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなってしまった。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。

課題をしっかりと書けているか?

田中さん
田中さん

優太くん、ここまででかなりESはブラッシュアップできたと思うんだけど、改めて課題は正しく書けているか確認しよう。

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】ドラッグストアが近くにできたことで、お客さまが来店しなくなった。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。
田中さん
田中さん

ここで書いている課題

  • ドラッグストアが近くにできたことで、お客さまが来店しなくなった。

は本当にドラッグストアが近くにできたからなのかな?

優太
優太

う~ん・・・。それもあると思うんですけど、前に書いてた

  • アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなってしまった。

ことのほうが、より本質的だと感じました。

田中さん
田中さん

課題だと思ったら、実はそうではないということも良くあることなんだ。本質的な課題が理解できているほど、面接では論理的に伝えることができるようになるよ!これを踏まえて書き直してみよう!

優太
優太

こんな感じになりました!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなり、お客さまの来店が減少した。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。

個人で完結した行動になっていないか?

田中さん
田中さん

課題の部分が具体的になったけど、行動の部分は書き換えなくていいかな?行動の部分で大切なのは、誰に向けた努力なのかということなんだ。

個人で努力個人

2,3人で努力2人

チームで努力

 

チーム

個人の努力も大切なんだけれども、仕事で活躍できるイメージを持ってもらうためには、チームなどの他人を巻き込んだ行動を書けるかが大切なんだ。

大和
大和

つまり、できるだけ多くの人に影響を与えた話のほうが働くイメージを持ってもらいやすく、内定を貰いやすくなるってことだな。

優太
優太

でも、自分はそんなリーダーシップを発揮した経験はないよ~。

田中さん
田中さん

優太くん、大丈夫。リーダーシップといっても、必ずしもみんなを引っ張った経験でなくてもいいんだ。後ろから支える役割もあれば、意見を出す役割もある。複数の人の中でどんな立ち回りができるのか、面接官に働くイメージを持ってもらうことが大切なんだ。

優太
優太

だとすると、今まで書いてたカラフルなポップを作成した話より、前に書いてた後輩の指導の方が課題の解決にも繋がってる気がするんだよな~。書き直してみよう!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなり、お客さまの来店が減少した。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】具体的には、お年寄りの方が商品を手に取ってもらえるようにカラフルなポップを作成しました。後輩が売り場の知識を身に着けることができるように、たくさん研修会を行った。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。

行動を具体的に書けているか?

田中さん
田中さん

課題の部分が具体的になった分だけ、行動も具体的に書いていくことが必要になるよね。行動の部分で「多く」「たくさん」「何度も」といったワードを使ってしまうESがあるんだけど、それでは伝えたい情報がイメージしにくいESになってしまうよね?

優太
優太

確かに、ESでは「たくさん」って言葉を使っていました・・・。

田中さん
田中さん

そういった曖昧なワードを避けることは当たり前なんだ。また、課題に対して行動の部分を見ると、つじつまはあっているかな?

優太
優太

もう少し詳しく書いたほうがいいような気がしてきました。

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなり、お客さまの来店が減少した。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】後輩が売り場の知識を身に着けることができるように、たくさん月に1度旬のポップ作成に関する研修会を行った。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。

行動だけでなく思い(想い)も書けているか?

田中さん
田中さん

課題も行動も、深堀ることができたのであれば、最後に思いを書き加えよう。

優太
優太

思い・・・ですか?なんで思いを書く必要があるのですか?

田中さん
田中さん

ESを書く目的を思い出してほしいんだ。いかに面接官に納得してもらえるかが重要になるんだよね?自分がどんな人物かは行動面だけでなく、思いからも伝えたほうが、よりリアルに自分を伝えることができるんだ。特に想いを書く際には行動面に加えて書くとよりリアリティが増すんだ。

優太
優太

ということは、この場合はどんな思いでポップの研修会を行っていたかESで伝えればいいってわけですね!書き加えてみます!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなり、お客さまの来店が減少した。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
【行動】後輩が売り場の知識を身に着けることができるように、「なんとしてでも後輩が仕事を楽しんでほしい」と思い、月に1度旬のポップ作成に関する研修会を行った。
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
【結論】売り上げが回復した。

本当にこれ以上具体化する箇所はないか?

田中さん
田中さん

これが最後のアドバイスになるよ!

優太
優太

(ここまで大変だった・・・)

最後はどんなことを意識するといいんですか?

田中さん
田中さん

最後のアドバイス・・・それは改めて全体を見たときにこれ以上具体化できないか確認することなんだ。

優太
優太

最後までESは具体化の連続なんですね田中さん!

田中さん
田中さん

そうだね!何度も繰り返している内容になるけど、面接で受かるということは、自信を持って活動の細部まで伝えることができるかがカギになる。だからこそ、理解を深めることが内定を取る上では欠かせない活動になるんだ。

優太
優太

最後まで書き直してみます!ちなみに、具体化する上でのコツって何かりますか?

田中さん
田中さん

具体化するためのコツは「なんで?」を突き詰めることだ!最後に少し気になった点を突っ込んでみようと思うので、ぜひ参考にしてみてね!

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで商品の見せ方を工夫をして、店舗の売上を10%向上させました。
→行動が変わったことで、「商品の見せ方を工夫」じゃなくなったね。
【背景・課題】アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなり、お客さまの来店が減少した。
【目標】お客さまが増えるようにしたかった。
→どんなお客さまが増えるようにしたかったのかな?若い人なのかな?お年寄りかな?新しい人かな?リピーターかな?
【行動】後輩が売り場の知識を身に着けることができるように、「なんとしてでも後輩が仕事を楽しんでほしい」と思い、月に1度旬のポップ作成に関する研修会を行った。
→売り場の知識って具体的に何かな?
【変化】お客さまが戻ってくれるようになった。
→ポップ作成に関する研究会でどのように後輩の行動が変わって、お客さまが戻ってくれるようになったのかな?
【結論】売り上げが回復した。
→売り上げはどれくらい回復したのかな?
↓修正
【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
【結論】私はドラッグストアのアルバイトで3名の後輩に対するポップの作成研修会を企画し、店舗の売上を10%向上させました。
【背景・課題】アルバイトの先輩たちが卒業したことで、売り場の知識がある人がいなくなり、お客さまの来店が減少しました。
【目標】もともといたお年寄りのお客さまがリピーターとして戻ってきていただけることを目標としました。
【行動】そこで、後輩がお年寄り人が商品を買いたくなる知識を身に着け、「なんとしてでも後輩が仕事を楽しんでほしい」と思い、月に1度旬のポップ作成に関する研修会を行いました。
【変化】今までは言われたことだけをやっていた後輩が仕事の楽しさを覚え、自らポップを作成するようになりました。その結果、お客さまが戻ってくれるようになりました。
【結論】売り上げが10万円増加しました。

↓さらに修正

【学生時代に頑張ったこと】(最大200文字) 
私はドラッグストアのアルバイトで後輩3名を指導し、店舗の売上を10%向上させた。アルバイトの先輩が卒業し、販売知識が低下から、年配のリピーター客が減少した。リピーター数を戻し「仕事を楽しんでほしい」と思いから、月に1度、ポップ作成の講習を行った。今までは受け身だった後輩が仕事の楽しさを覚え、自らポップを作成するようになった。その結果、リピーター数が130%になり、店舗の売り上げが10万円増加した。
(200文字)
ながらくして、内定に向けたポイントを押さえたESの作成ができた優太であった。ここから、夏インターンの志望動機の作成に向けて頑張り始めたのであった・・・。
ゆう
ゆう

次の話も気になるところですが、最後に本日のおさらいをしておきましょう!

1.ES作成は一度目から完璧を求めない。創ったら壊すの繰り返しが大切
2.結論ファーストを意識する
3.迷ったら、面接官ならどう感じるかを大切にする
4.ESを書き始めた段階では文字数は気にしない。
5.企業が知りたいのはどんなことを頑張ったか
6.話はシャープに伝える
7.伝えるべきはどんな行動をしたかであって、話の背景ではない
8.曖昧なワードは避けるべし
9.具体化するためのことは「なんで?」を繰り返すこと
ゆう
ゆう

ぜひポイントを意識しつつ、今日からの行動につなげていきましょう!

【第5話】書類選考で絶対に落ちるESに共通する9つのポイント
【第6話】内定を取れるESが押さえている11のポイント【ガクチカ編】
【第7話】インターンに受かるESが押さえている5つのポイント【志望動機編】
【第8話】これだけで業界のイメージは完璧!221社から見る業界一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました